歌ってみたをやっていく上で、おそらく誰しもがぶつかると思うのは
「mix」についての悩みだと思います。
mixを自分で出来る方もいれば、俺のようにmixは人にお願いする人もいます。

恐らく自分で出来るに越したことはないと俺も認識していますが…。
あくまで遊虎のスタイルとして、今まで「俺は歌に集中」でやってきました。
そして、おそらくこれからもそのスタイルが変わることはないと思っています。
理由は簡単で、両方を器用にやれないからです。
その代わり、mixをお願いした方に可能なかぎりお手間をとらせない音源を作りたいと心がけています。
(お願いする地点で迷惑かも知れないことはここでは気にしないことにします。)

あくまでこれも持論ですが、「全力の音源と全力のmixでいい音源ができる。」
俺は一回一回悔いのない音源を作ることを自分に課しています。
時間が経ち、後から振り返れば本当に稚拙な音源だと感じ流というのは、いつものことです。
しかし、歌ってみた直後に「これは・・ないわ」と感じるのは明らかに自分自身の出し切りが甘い音源と言えると思います。
そんなことを感じるような音源を人にお願いするのは失礼だと俺は思います。
ましてや「多少mixで手直ししてもらえる」なんていう考えは以ての外です。
俺ができない部分をお願いするのがmixしてくださる方であり、
お互いに誠意を持って一緒に何かを作り上げることができる関係を築き上げることが大事です。
あくまで、たかだか1年歌っただけの1個人の意見ですが、俺自身の戒めのためにもここに書かせていただきました。
楽しく、気持ちよく、いい作品を作るための遊虎の心構えの1つです。

4bdff2a598c82e99c713615b5f31faa5_s