俺自身が歌ってみたを始めたときにわからなかった
「歌ってみた」ができるまでの流れを簡単にご紹介します。


① まず、歌いたい歌を決めます。
ここでよく言われるのは「曲を選ぶこと」です。
ニコニコでは基本、ボーカロイドが人気なのでたくさんの方が歌っています。
実際に人気曲を歌うことで人に聞いてもらえるといメリットが全くないわけではないですが、
それよりも「自分が歌いたい歌」を選ぶことの方が大事だと俺は思います。


ae79e3b0d89e53ede783d9982e7e168a_s


② レコーディング。
これは言わずもがな、自分の歌を録音します。
 自分なりに全力の音源を目指してとります。(俺は、振り切れる→音割れ→リテイクのループに陥ります。)

※この時、可能な限りハモリは取ることをお勧めします。
(mixをお願いする方によっては作成してくださる場合もありますので、事前に相談してくださいね。)
fccf6e6bf0cfb415ceea2cba4d91b126_s
③ Mix。
いわば調整です。
この作業無くして音源は完成しません。
できればレコーディングに入る前に、どの方にmixをお願いするのかを決めておけばハモリ等の録音もどうするかを相談できるのでお勧めです。
また、mixに関しては依頼の際の価格、条件(リテイクや頭出しなどなど)はそのmix師さんによって異なります。
自分自身のお財布とも相談の上、行き違いのないようにしっかりお話をしましょう。

271845b801882924a5f59f5a2cfc2738_s


④ 動画
自分の歌につける動画を用意します。
俺の場合、運よく動画に関しては面倒を見てくれる方が決まっています。
mix師さん同様、動画師さんも以来条件は様々です。
以来の内容、どんな動画にしたいのか等の話をして、音源の尺に合わせた動画を作成してもらいます。
ボーカロイドであれば、本家動画(原曲動画)を使うこともできます。



⑤ エンコード
簡単にいうと、動画と音をくっつける作業です。
mix師さんや動画師さんによってはエンコードまでしてくださる場合もあります。
要相談です。

⑥ アップロード
出来上がった作品を動画サイトにコメント等を添えてアップロードして公開します。


以上が、歌ってみた動画が出来上がるまでの流れです。
自分の力だけで作り上げることはできない作品です。
感謝の気持ちを忘れず、気持ちよくいい作品を作りましょう。